Lake Louise

レイクルイーズ

★★★★★



カナディアンロッキーの大自然の中に作られたBIGなスキー場です。私はLakeLouiseからバスで50分ほ
どの所にあり、カナディアンロッキーの玄関口とも言われるバンフという街に滞在し、スキーをしました。なん
せ、私は海外スキー初体験だったので見るものすべてが新鮮でした。

さて、シャトルバスからLakeLouiseに近づくと、まず、Front Side/South Face Areaが姿を見せてくれま
す。中間部からベースにかけてはカナダ杉が美しく、トップにかけては森林限界を超えていて、木々が全く
生えていないように見えます。早く滑りたくて、テンションは↑でした(o^o^o)


バスが着き、気付くとリフトに乗ってました。始めに乗ったリフトはOlympic Chairで、2134mもある長いリフト
です。まずは足ならしということで初級コースの
Wiwaxyを滑りました。初級のロングコースですが、やや斜度
もきつめで、斜面も変化があり、また人工降雪基も設置されているので、快適でおもしろいコースです。この
コースも含めて中間部からベースにかけてのコースはカナダ杉の間を滑る林間コースです。このWiwaxyか
らは今でもワールドカップで使われている
Men's DownhillLadies Downhillにも接続しています。共に、か
なり急な斜面で、ブレーキをかけないと体が浮きそうな感じがするほどスピードが出ます。コブなどはない
のですが、午後になると斜面が荒れてきてました。滑っている人はあまりいません。


次にTop of the World Chairに乗り森林が生えていない斜面に入りました。バスから見るとニセコやARAI
のようにオフピステかと思いましたが、コース以外は岩がかなり出ている所もあり危険です。
Sunset
Sunset Terraceなどの上中級コースが主体です。一部はオフピステになっています。ただ、オフピステでい
うと
Front Side/South Face Areaの裏にあたるBack Bowls Areaの方がはるかに凄いです。
BackBowls Areaへは、Top of the World Chairからも行けますが、上級斜面しかないので、隣のTバーリ
フトSummit Platter Chairへ乗って行くほうが無難だと思います。このTバーリフト沿いには急な斜面もあ
り圧雪車も入らないので降雪後にはパウダーも楽しめると思います。ただ、風が強いので新雪が飛ばされ
る事もあります。私の場合も飛ばされ絞まった硬い斜面になってました。

またSummit Platter Chair山頂は標高2672mでカナディアンロッキーの眺望も素晴らしいです。ハイウェ
ーが通っている以外はなにもなく日本では見られない景色です。結氷したLake Louiseも見えます。山頂か
らは裏の
Back Bowls Areaへ行くことができ、斜度もやや急程度です。

Back Bowls Areaは崖のような超エキスパート斜面や、上級コースが主体で、かなりおもしろいです。
Boomerangという中級コースもあります。なんせ広く、コースとは名ばかりで、オフピステだらけです。カール
のようになっていて、雪が風に飛ばされる心配もないです。私は
Shoulder RollWhitehorn 1を滑りました。
急な斜面でしたがフカフカのパウダーでこけても痛くないし最高でした。


そして、Back Bowls Areaの隣には、同様にオフピステを味わえるParadise Areaがあります。
ParadiseChairというリフトもあり、このリフトを利用すると、
Paradise Bowlなどのオフピステが効率よく味
わえるのも魅力です。このリフトから
Front Side/South Face Areaへ戻ることも可能です。
Back Bowls AreaParadise Areaは、どの斜面も最終的にはPikaというコースにつきます。このコースを
下って行くと2本のリフトが見えてきます。1本は
Ptarmigan Areaで、Paradise Areaと続いているので、独
立したエリアという感じではないです。ただ、
Back Bowls/Paradise Areaのオフピステ斜面とは違って、長
いコブ斜面があるのが特徴です。2本凄いコースがあります。1本は
Ravenというコースで、深く規則正しい
コブが並びかなり難しいです。しかし更に長く難しいのがもう1本の
Ptarmiganです。1000mかそれ以上は
あると思われる斜面に上から下までびっしりコブがつき、とても一気には滑れないです。ここを一気に滑り
降りたらまさに鉄人です。日本へ帰ってから思いましたが、もう一回滑りたいコースです!


Ptarmigan Areaの正面にありLake Louiseスキー場の中でも1つだけ違う山に造られているのが、
LarchAreaです。リフト1本にコース15本と効率がとても良いです。カナダへ来て思いましたが、日本のスキ
ー場は1本のコースに2本のリフトなんかもありますが、カナダでは1本のリフトに15本のコースなんてのが
普通です。そのかわりほとんどクワッドかトリプルなのです。さてさて、このエリアは中級コースが主体です。
それと特徴的なのが、木々の間を滑ることもできます。


また、景色もMt.WhitehornやMt.Templeが素晴らしくMt.Templeには青い雪(おそらく氷河)も見えました。
中級コースはどれも林間コースで雪質もとてもよく、単純コースなのですがなぜか飽きがこないのが不思議
でした。おすすめコースは
LarchMarmotというコースです。
Larch Area付近にコース拡大の予定もあるそうで、更に魅力溢れるエリアになるかも知れません。
Front Side/South Face Areaに戻るにはPikaを滑って行くか、Ptarmigan Chairに乗り戻る方法があり
ます。

ランチはLarch Chairの乗り場付近にあるTemple Lodgeがあります。他に、Front Side/South
FaceArea
に3件ほどあります。私はハンバーガーばっか食べてました。言葉が通じるのがハンバーガー・
チーズバーガーだけだったので…(^^;でもおいしかったですヨ!!

あとはもう少し晴れていたらなぁと思いました。

最後に帰りのバスの時間には注意して行きましょう!バンフ行きはかなり多くありますが、もしもの為に知
っておく必要はあると思います。

Ski Resort Reportに戻る