ロッテアライリゾート

★★★★

最終滑走日:2022/2/1

更新日:2022/2/23


積雪が毎年5m以上ある超豪雪地帯に広がり、ハイシーズンは山全体が滑れるフリーライティングゾーン
が魅力のスキー場です。2000年前後はARAI MOUNTAIN&SPAという名前で運営されており私も好きな
スキー場で何度か訪れていましたが、2005年の大雪で除雪費がかさんだ事とお客さんが来場できなくなり
倒産してとてもショックでした。その後は何度となく復活の話がありましたが立ち消えてしまっていました。
しかし2017年に韓国資本のロッテホテルグループが復活させてくれ感謝しています。応援も含めて行きた
いと思っており2022年にようやく訪れる事ができました。

今回は1000m以下のエリアがプラスの気温で中〜下部は下山する時にしか滑りませんでしたが、先ほど
記載の通り上部を含め山全体が滑れる他には無い魅力のあるスキー場です。


このスキー場の最大の魅力は膳棚エリアから上部だと思います。標高が1000m以上あり雪質が良く、5月
まで滑れます。ハイシーズンは木々は雪に埋もれ、斜面を登り自分の好きな場所を滑る事ができます。



その膳棚エリアにはクワッドリフトが架かっておりビーフリーアンコールという2つのコースがあります。コ
ース幅も広く特に
アンコールは広大な斜面で晴れると気持ちよく飛ばせます。

この2つのゲレンデだけでも充分楽しめますが、このエリアの最大の魅力は木々の間を滑るツリーランや
新雪の斜面を滑るフリーライティングゾーンです。


私のオススメは船石という斜面です。序盤はツリーラン、中盤から後半は広大な急斜面を滑り降ります。
雪の多い地域のため、ハイシーズンは新雪の可能性が高く私が滑った日も新雪が30〜40cmあり何度も
滑りました。膳棚リフト下りて左に行くと序盤のツリーランで、そのまま進むと
船石、右へ行くと別の斜面の
膳棚ボウルへと行けます。

膳棚ボウルも船石と同じく非圧雪斜面ですが、名の通りボウル状で癖がある事とコース終盤からリフトへ
戻る際に登りがあるので個人的には船石の方が楽しめました。


そしてもう一つの魅力が雪が多く積もり木々が隠れてからオープンし、自分の足で斜面を登り滑る大斜面
東斜面と呼ばれるフリーライティングゾーンです。天候にも影響され大雪の時などはオープンしません。
今回はオープンしてくれました!赤線は登った道です。


左の写真が大斜面で、右の写真で左の山に広がる斜面が東斜面です。

ゲートから登っていきます。歩くのは得意な方でしたが、新雪が50cmほどありスキー靴だと埋まってしまう
ので板を付けて登りました。すごく大変でした。常連の方はカンジキを持参していてなるほどと感心しまし
た。


スキー場の境界にはポールと表示看板が等間隔に立てられておりガスっていても迷うことはありません
し、間違えてエリア外に行ってしまい事も無いと思います。


私は大斜面を滑りました。エリアが開放されて早い方でしたのでほとんど滑った跡がなく、どこも新雪パウ
ダーを楽しめました!



今回は一回登るだけでヘトヘトになり断念しましたが、写真の奥の山に広がる斜面が東斜面です。次は
必ず滑りたいです。


非圧雪上級コースは無理という方はビーフリーアンコールの間にある木々の中を滑るハッピープレイス
がおすすめです。やっぱり滑るのが無理だと思ったらビーフリーに出ることが容易なのでチャレンジしてみ
てはいかがでしょうか?


1000m以下にある上級コースエキサイダーコースです。出だしは雪質も良く楽しめましたが、中盤から後
半にかけては気温が高く昨晩降った雪が水分を含んで重く滑りにくかったです。


今回は雪が重く滑りませんでしたがワセという非圧雪斜面です。雪が軽ければ滑りたいコースでしたので
残念です。新雪か春スキーはおすすめだと思います。


雪質が悪かった山麓コースの中で楽しめたのが中級コースのウマノセコースです。斜度があり圧雪もしっ
かりしてあったのでスピードも出て快適に滑ることができました。山麓第2リフトでまわせるので練習には最
適なコースです。現在は年末年始しかやっていませんがナイター設備もあります。


山麓にはポニーという400mに超緩斜面があり子供の練習には最適です。そしてホテル群が広がりリゾー
ト気分を満喫できます。コロナ禍でしたが海外の方も多く見えました。


Ski Resort Reportに戻る